スマートフォンSEO対策について

スマホのSEO対策です

とうとうGoogleが正式にモバイルファーストインデックス(MFI)の導入が2017年の後半あたりになるのではないだろうかと見解を

公開しました。ですが、2018年現在(1月末現在)、本格的なMFIの導入は未だのようです。

ただ、テスト的なものが頻繁に行われておりMFIの導入は決定して

いるのは間違いないでしょう。

 

ここまでが1月末までの情報でしたが、2月にGoogleが2月末から数週間のうちに多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行することを正式に発表しました。

 

このモバイルファーストインデックスとは今まではPCサイトでの評価に基づき順位を決めていたものをスマホでの

評価に基づき検索結果が決定されます。

ということは、第一にスマホサイトに対応していることが大事となります。

https://search.google.com/search-console/mobile-friendly?hl=ja
URLを入力してモバイルフレンドリーでない場合は今すぐに
スマホ対応に

れることをお勧めします。

 

スマホ版でURLが別に存在する場合対策

Googleはスマホ対応にはレスポンシブを推奨しています。
https://webmaster-ja.googleblog.com/2012/06/google.html
レスポンシブは1つを修正すればパソコンもスマホも修正できるので便利です。


別URLで
http://www.example.com/  (パソコン向けホームページ)
http://www.example.com/sp/ (スマホ向けホームページ)
のように、別URLでスマホ専用のページを持っている場合は
パソコン向けとスマホ向けのページ内容が大きく違うとGoogleのマイナス評価に
なるとも言われていますので注意しましょう。

また、別URLでページがある場合は
パソコン向けホームページには「rel=”alternate”」

スマホ向けホームページには「rel=”canonical”」

のタグの設定を行いましょう。

これを行うことでGoogleに「このページは〇〇のスマホサイトだよ~」って指示

します。これが無ければ、類似ページとなりマイナス評価にもなる可能性があり

ます。

 

スマホ向けのSEOがあるのか!?

スマホ向けのSEOではなく、今までのPC基準だったものがスマホに

切り替わるのでスマホSEOというのは存在しなくなります。

 

現在の検索ユーザーの大半はスマートフォンです。Googleではサイトの

の直帰率・滞在時間・ページ遷移を大きく評価しています。

もし、スマホで見たホームページがスマホ化されていないと、どうでしょうか?

見にくい為、他のサイトに行ってしまい結果的に滞在時価や直帰率が

悪い数字になり順位低下に至ってしまいます。

 

 

最後に

スマホ向けをして順位が上がると思ってはいけません。

なぜ、スマホに評価を切り替えるののか・・・

それは、上記でも記載しているように現在の検索ユーザーの大半はスマートフォンだからです。

 

Googleはユーザーの利用しやすい、有益なコンテンツがある良いホームページを上位表示させるアルゴリズムの

変動を日々行っています。

SEO対策のためにスマホ対応ではなく検索ユーザーにとって有益なコンテンツ・サイトの見せ方を心掛けて作成

してください。

 

まずは、一つ一つしっかりと自社ホームぺージを見直して行くことが大切です。
ローマは1日にしてならず!です。ローマみたいに700年もの歳月を費やす必要はないですが地道な努力がSEO

では大切なのです。

がんばりましょう!!

 

まだ全てのサイトがモバイルファーストインデックスになっていません。徐々に導入していますので、この期間を是非、

有効に活用しスマホのSEO対策に繋げてください!! 

 

格安SEOへのお見積り